コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルフルト会議 エルフルトかいぎErfurter Kongress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルフルト会議
エルフルトかいぎ
Erfurter Kongress

1808年9月 27日から 10月 14日まで,中部ドイツのエルフルトで,ナポレオン1世の要請により開かれた列国会議。ナポレオンとロシア皇帝アレクサンドル1世のほか,ライン同盟諸侯,プロシアオーストリアの代表も出席した。ナポレオンの主目的は,ロシアと手を握ってオーストリアの対仏軍備を阻止することにあったため,10月 12日の協定で,当時ロシアが占領していたモルドバ,ワラキアおよびフィンランドの領有を認め,ポーランドとドイツからのフランス軍の撤兵などを約束する代りに,オーストリアがナポレオンを攻撃した場合にはロシアがオーストリアに宣戦することの保証をとりつけた。この対ロシア工作は結局失敗に終るが,この会議の際,ナポレオンがドイツの文化人層の支持を得るため,ゲーテや C.ウィーラントと会談したことは有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エルフルト会議の関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)ドルトン(John Dalton)1808年5月3日クライストスペイン独立戦争カルロス(4世)ゴヤ(Francisco de Goya y Lucientes)ゴヤ(年譜)スペイン独立戦争多祉宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android