エルフルト会議(読み)エルフルトかいぎ(英語表記)Erfurter Kongress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルフルト会議
エルフルトかいぎ
Erfurter Kongress

1808年9月 27日から 10月 14日まで,中部ドイツのエルフルトで,ナポレオン1世の要請により開かれた列国会議。ナポレオンとロシア皇帝アレクサンドル1世のほか,ライン同盟諸侯,プロシアオーストリアの代表も出席した。ナポレオンの主目的は,ロシアと手を握ってオーストリアの対仏軍備を阻止することにあったため,10月 12日の協定で,当時ロシアが占領していたモルドバ,ワラキアおよびフィンランドの領有を認め,ポーランドとドイツからのフランス軍の撤兵などを約束する代りに,オーストリアがナポレオンを攻撃した場合にはロシアがオーストリアに宣戦することの保証をとりつけた。この対ロシア工作は結局失敗に終るが,この会議の際,ナポレオンがドイツの文化人層の支持を得るため,ゲーテや C.ウィーラントと会談したことは有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android