エルベルフェルト(英語表記)Erberfelt, Pieter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルベルフェルト
Erberfelt, Pieter

[生]1671
[没]1722.4.22. ジャカルタ
ドイツ系とタイ系混血のジャワの富裕な商人。オランダ人駆逐を企てたという嫌疑を受けて処刑された。別名トゥアン・グスティ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルベルフェルト【Pieter Erberfelt】

1671‐1722
1721年に噂されたバタビア(現,ジャカルタ)のオランダ東インド会社に対する陰謀の容疑で処刑された欧亜混血児。ドイツ人を父とし,タイ人を母として生まれ,皮なめし商の父から大きな財産を受け継いだが,東インド会社総督ズワールデクローンが彼の所有地を欲しがったのに売らなかったため,総督の恨みを買うことになった。1721年末以後,バタビア市内に不穏な動きがあるのを知った総督府は日ごろから会社の悪口を触れ回っていたエルベルフェルトを首謀者と断定し,ジャワの貴族カルタ・ドゥリア,スンバワ島出身のライェクと共に逮捕し,拷問の結果ついに3人はその陰謀の事実を肯定したので,22年4月に処刑した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエルベルフェルトの言及

【首∥頸】より

…なお文脈は違うが,同じく聖書では,ヨハネの首を欲したサロメの話もよく知られている。金子光晴によれば,バタビアの一角に謀反人エルベルフェルトの首が槍の穂先に貫かれてさらされ,18世紀のオランダ総督政府に対する謀反を象徴していた(《エルベルフェルトの首》)。首は身体の他の部分から独立していると考えられた。…

※「エルベルフェルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android