エルマン(読み)えるまん(英語表記)Abel Hermant

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルマン(Abel Hermant)
えるまん
Abel Hermant
(1862―1950)

フランスの小説家。軽妙さとシニスムに満ちた文体で、ベル・エポック(よき時代)の上流社会風俗を描いた。『大西洋航路客船』(1897)、『豪華列車』(1908)、連作『社交界史のための覚え書』(1901~37)など。1927年アカデミー会員となり『文典』(1932)執筆の中心となった。フランス語の純粋擁護論者として『フランス語擁護』(1938)などがある。しかし44年、対独協力を問われてアカデミーから除名された。[小林 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルマンの関連情報