コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚え書 おぼえがき

2件 の用語解説(覚え書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚え書
おぼえがき

備忘のために作成される文書,記録。文化史上財産に関して「覚」と題された文書をさすが,通常は重要な事件や制度などについて,記憶に頼って記された記録をさす。この種の覚え書は戦国,安土桃山時代に関するものが多く,日記よりは史料的価値が低い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

覚え書
おぼえがき
memorandum

情報伝達または一方的意思の通告のために3人称形式で書かれた公式文書,もしくは国家間で,厳密な手続なしに合意を行い,当事国代表者が署名し交換するもので,後者は合意覚え書とも呼ばれ,条約としての意味をもつことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚え書の関連キーワード地方文書史臣笏紙抄本二重帳簿念書備忘公用文書等毀棄罪譲状村方文書

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚え書の関連情報