コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚え書 おぼえがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚え書
おぼえがき

備忘のために作成される文書記録。文化史上財産に関して「覚」と題された文書をさすが,通常は重要な事件や制度などについて,記憶に頼って記された記録をさす。この種の覚え書は戦国,安土桃山時代に関するものが多く,日記よりは史料的価値が低い。

覚え書
おぼえがき
memorandum

情報伝達または一方的意思の通告のために3人称形式で書かれた公式文書,もしくは国家間で,厳密な手続なしに合意を行い,当事国代表者が署名し交換するもので,後者は合意覚え書とも呼ばれ,条約としての意味をもつことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

覚え書の関連キーワードエルマン(Abel Hermant)ナオミ・マーガレット ミッチスン小村=ウェーバー協定核実験探知クラブテトスへの手紙アルジャンソン桂=タフト協定ラ・シャロテ門戸開放政策カズビーニーコメンタリーマターブリガリア戦記ダンジョーボージュラ田中 英夫ストラボンあしたの風オーブリー西川 正身

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android