コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・チョクロ El choclo

1件 の用語解説(エル・チョクロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エル・チョクロ【El choclo】

アルゼンチン・タンゴの曲名。題名はスペイン語で〈トウモロコシ〉の意。作曲者はアンヘル・ビジョルド。1905年作曲といわれていたが,その後1903年とする資料が見つかった。ヨーロッパや日本で最初に知られたタンゴの曲であることはまちがいない。アメリカでは52年に英語の歌詞がつけられ《キス・オブ・ファイア》の題名でヒットした。いかにも初期のタンゴらしく歯切れのいい親しみやすい曲で,今でもよく演奏される。【中村 とうよう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエル・チョクロの言及

【タンゴ】より

…また,ブエノス・アイレスに19世紀半ば以来急増したイタリア系移民の,スペイン系とはひと味異なった音楽性が影響を与えたことも無視できない。初期の歴史については不明の点も多いが,ほぼ1860‐70年ころから基本的なリズムと曲の形式が定まり,1900年ころにはたとえば《エル・チョクロ》(ビジョルドAngel Villoldo作曲)のような古典的名曲が生まれるとともに,やがて不可欠のものとなる楽器バンドネオン(一種のアコーディオン)が演奏に採用されるなど,しだいに民衆音楽の形式として確立した。 タンゴはブエノス・アイレス南東部,ラ・プラタ川沿いの風紀の悪い場末町に生まれ,当時は下層社会の音楽として上中流社会から蔑視されたが,それ自体の音楽的向上に加え,1910‐20年代にパリでおおいに認められ流行したことなどから,全市民的な音楽としての地歩を築くようになった。…

※「エル・チョクロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エル・チョクロの関連キーワード亜爾然丁アルゼンチンタンゴアルヘンティーナコンチネンタルタンゴピアソラミロンガプエルトイグアス組曲「スペイン」スペイン組曲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エル・チョクロの関連情報