コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレミヤ哀歌 エレミヤあいかLamentations of Jeremiah

1件 の用語解説(エレミヤ哀歌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エレミヤあいか【エレミヤ哀歌 Lamentations of Jeremiah】

旧約聖書中の一書。ギリシア語訳(《七十人訳聖書》)以来,《エレミヤ哀歌》と呼ばれ,《エレミヤ書》の後に置かれるようになったが,ヘブライ語聖書では,ただ《哀歌》と呼ばれ,旧約聖書の第3部に置かれている。《哀歌》がエレミヤと結びつけられたのは,《歴代志》下35章25節の記事によるものと思われる。しかしその内容は,前586年におけるエルサレム陥落の直後に歌われた〈嘆きの歌〉が中心であり,作者は不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone