コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンス川 エンスがわEnns

2件 の用語解説(エンス川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンス川
エンスがわ
Enns

オーストリア中部を流れるドナウ川の支流。全長 254km。ザルツブルク州のニーデレタウエルン山地に発し,東流したのち峡谷を刻んで北に向きを変え,ザルツブルガーアルペンを横断してリンツ南東方エンス付近でドナウ川に合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンス川
えんすがわ
Enns

オーストリア領内を流れ、ドナウ川の右岸に入る支流の一つ。長さ320キロメートル流域面積6100平方キロメートル。上流部では東部アルプスの縦谷の一部をなし、エンスタール・アルプス、さらに北部石灰岩アルプスを横断する。この勾配(こうばい)の大きい部分ではダムによる人造湖がたくさんつくられ、合計23億キロワット時の発電量がある。下流では、この川はニーダーエスターライヒ州とオーバーエスターライヒ州の境をなしている。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone