コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンドミル end mill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンドミル
end mill

フライスの一種で,底フライスともいう。円筒の外周と端面とに複数の切刃をもち,溝などの底面側面を同時に切削できる。したがって,キー溝 (回転力を伝達するためにに彫られる溝) の加工はもとより,その他工作物の外周切削にも用いられる。小型のものはシャンク (柄) と一体になっており,大型のものは工具をつける軸 (アーバ) に取付けて使用し,後者はシェルエンドミルとも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エンドミル【end mill】

外周面および端面に切れ刃がある、柄のついたフライス。溝削りや狭い平面の仕上げに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エンドミルの関連キーワードmachining centreオーエスジー日進工具超硬工具仕上げ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android