エンビセンノウ(読み)えんびせんのう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンビセンノウ
えんびせんのう / 燕尾仙翁
[学]Lychnis wilfordii (Regel) Maxim.

ナデシコ科の多年草。茎は直立し高さ約50センチメートル。葉は広披針(こうひしん)形で長さ約5センチメートル、先はとがる。夏に茎の先に数個の深紅色の花をつける。萼片(がくへん)は合着して萼筒となり、長さ約2センチメートル。花弁は先が多数の裂片に分かれるが、そのうち中央の二つの裂片がとくに長く突き出るので、これをツバメの尾に見立てて名がついた。本州の中部地方や北海道の草原にまれに自生するが、庭園に栽培されることもある。中国東北部およびその周辺にも生育する。[三木栄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエンビセンノウの言及

【センノウ(仙翁)】より

…センジュガンピL.gracillima Makinoは本州の中部以北に生育し,葉はふちが波打ち,花は白色で径2cmほどである。エンビセンノウL.wilfordii Maxim.は本州中部以北と北海道に分布する。先が4深裂した赤い花弁が特徴的であり,これをツバメの尾に見たてて名がついた。…

※「エンビセンノウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android