エンブレマ(英語表記)emblema

世界大百科事典 第2版の解説

エンブレマ【emblema】

ギリシア語の〈はめ込む(エンバレイン)〉に由来する言葉。美術分野で使われ,大きなモザイク面にはめ込まれた周囲とは主題技法の異なる部分を指す。とくにヘレニズム時代以降,モザイクに数種の技法が用いられるようになり,また邸宅の床をモザイクで装飾するようになると,モザイクの中央部分を周囲よりも丹念にしかも装飾の重点を中央部分に集中させたモザイク装飾法が生まれる。一般にエンブレマの周囲は幾何学文で装飾し,エンブレマには神話寓意静物などの主題を有する絵画的表現が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android