コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンブレマ emblema

1件 の用語解説(エンブレマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エンブレマ【emblema】

ギリシア語の〈はめ込む(エンバレイン)〉に由来する言葉。美術分野で使われ,大きなモザイク面にはめ込まれた周囲とは主題,技法の異なる部分を指す。とくにヘレニズム時代以降,モザイクに数種の技法が用いられるようになり,また邸宅の床をモザイクで装飾するようになると,モザイクの中央部分を周囲よりも丹念にしかも装飾の重点を中央部分に集中させたモザイク装飾法が生まれる。一般にエンブレマの周囲は幾何学文で装飾し,エンブレマには神話,寓意,静物などの主題を有する絵画的表現が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エンブレマの関連キーワードアテネインドネシア語ギリシア伝記ペルシア語溜め込む填め込み填め込むヘミリシアン岩エンバソリス期

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone