寓意(読み)グウイ

  • ×寓意

大辞林 第三版の解説

何かにかこつけて、それとなくある意をほのめかすこと。また、その意味。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 他の物事に仮託して、ある意味をあらわすこと。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)四「服子遷の独漉の篇、寓意婉美なること、干鱗に勝る」 〔老学庵筆記‐四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寓意の言及

【アレゴリー】より

…すなわち,ある事物を,直接的に表現するのではなく,他の事物によって暗示的に表現する方法の意であるが,この表現方法によって創作された文学作品あるいは造形芸術作品を一般にアレゴリーと称する。寓意,寓喩,風喩ともいう。
【文学】
 アレゴリーの発想ないし方法の起源はきわめて古く,ギリシア・ローマ神話も聖書も,その多くの部分をアレゴリーとして解釈することが可能である。…

※「寓意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寓意の関連情報