コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンリケ[4世] Enrique IV

世界大百科事典 第2版の解説

エンリケ[4世]【Enrique IV】

1425‐74
カスティリャ王。在位1454‐74年。不能王という不名誉なあだ名を持つ。生来の優柔不断な性格から,中世末期の混乱の中にあって野心的な貴族や隣国アラゴン王の挑戦に有効に対処しえず,いたずらに妥協を繰り返して王権失墜弱体化を招き,国内の混乱はその極に達した。なかでも自分の娘フアナに代わって反対派が推す王の異母弟アルフォンソを,そして同王子の死後はその姉イサベルに王位継承権を認めた(1468)ために,国内はエンリケ以後をめぐってフアナ派とイサベル派に二分,その背後にそれぞれポルトガルとアラゴンがくみするという外国がらみの内戦状態に陥った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンリケ[4世]の関連キーワード足利義量アイドゥン侯国マヌエル[2世]足利義量マヌエル2世ワシーリー1世ベネディクツス14世エアアジアルーフェンファン・アイク[兄弟]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンリケ[4世]の関連情報