エーゲ海建築(読み)エーゲかいけんちく(英語表記)Aegean architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーゲ海建築
エーゲかいけんちく
Aegean architecture

ギリシア文明に先行するエーゲ海文明に包含される建築で,主として前 3000~1200年のクレタ島の宮殿建築と前 1200年頃のミケーネティリンス城砦と墳墓建築をいう。クレタ島のクノッソス宮殿 (前 2000頃,前 1300頃改築) は,大中庭を取囲む多数の室と階段の連続,軽妙快活な壁画,完備した排水施設などで知られている。ギリシア本土のミケーネの要塞宮殿 (前 12世紀) は獅子門で知られ,付近にアガメムノンの墓といわれるアトレウスの宝庫がある。同じくギリシア本土のティリンスの城砦は,大メガロンを中心とする宮殿建築の遺跡と巨石を積んだ城壁で著名である。エーゲ海建築に共通する特色として,下すぼまりの太い円柱,水平な石材の層を順にせり出して造るアーチやドーム,戸口上の 楣 (まぐさ) 石の上にはめこむ三角形の石パネルなどがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android