エーリヒ ザロモン(英語表記)Erich Salomon

20世紀西洋人名事典の解説

エーリヒ ザロモン
Erich Salomon


1886 - 1944
ドイツの写真家。
ベルリン生まれ。
銀行家の4男に生れミュンヘン大学より法学博士号を取得した。はじめ弁護士であったが、1928年写真家となる。フラッシュを使わずに自然光で、人々の自然の姿をスナップするフォト・ジャーナリズムを確立した最初の人である。’38年以降はフリーとなり各国出版社に寄稿した。ユダヤ系のため第二次世界大戦中ナチスに迫害され、妻子と共にアウシュウィッツで没した。’31年に「最も自然な姿をしたときの有名人」を出版した。その他の作品に「時代の肖像」(’63年、死後出版)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android