オイルアグロメレーション(英語表記)oil agglomeration

世界大百科事典 第2版の解説

オイルアグロメレーション【oil agglomeration】

石炭スラリーに対する選炭技術の一つで,OA法と略称されることもある。微粉炭を水に懸濁させたスラリーに若干の油とさらに場合によっては界面活性剤を添加してかくはんすると,石炭粒子の表面に選択的に油が吸着して油膜が形成され,その油が架橋材となって石炭の造粒体(ペレット)が形成される。これを残余のスラリーから物理的に分離するという方法で,水中造粒技術の一つといえる。石炭に対するオイルアグロメレーション技術の歴史は古く,トレント法,コンバートル法などが知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android