コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウィニウス Ovinius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウィニウス
Ovinius

前4世紀頃のローマの政治家,護民官 (トリブヌス・プレビス ) 。オウィニウス法を成立させたことで知られる。この法は元老院議員の登録に関するもので,戸口総監 (ケンソル ) がその法的手続をとり,それによって過激な人物や党派的影響を元老院の構成から排除しようとしたものらしい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android