コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウギバショウ

百科事典マイペディアの解説

オウギバショウ

タビビトノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウギバショウ

タビビトノキ(旅人の木)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウギバショウ
おうぎばしょう / 扇芭蕉
[学]Ravenala

バショウ科の常緑高木。葉のとれたあとが太い幹状となって立ち上がり、この先で光沢のある濃緑のバナナに似た葉が扇を広げたように左右に美しく並列して広がるのでこの名がある。水分を多く含むほか葉鞘(ようしょう)の部分に水をためるため、旅行者がこの水を飲料として使ったことからタビビトノキ、リョジンボク(旅人木)の名でもよばれる。マダガスカル島原産のマダガスカリエンシスR. madagascariensis Gmelinは高さ20メートルに達し、そのみごとな葉姿から熱帯地方では公園や庭園によく植えている。花は白色。この仲間にはほかにギアナ原産のギアネンシスR. guianensis Benth.があり高さ5~8メートルになるが、あまり知られていない。オウギバショウは高さ数メートルになって初めて美しい葉姿となるもので、鉢植えではむずかしい。冬は12℃以上に保ち、つねに日当りに置き、よく肥えた土で植え込み、十分に水を与えることがたいせつである。[坂梨一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オウギバショウの関連キーワードリョジンボクストレリチア旅人の木旅人木

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android