オウゴンチョウ(読み)おうごんちょう(英語表記)yellow-crowned bishop

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウゴンチョウ
おうごんちょう / 黄金鳥
yellow-crowned bishop
[学]Euplectes afer

鳥綱スズメ目ハタオリドリ科の鳥。同科に属するキンランチョウ属17種は全部アフリカに産するが、オウゴンチョウはその1種である。繁殖期の雄は顔、のど、腹は黒色、翼と尾羽は暗褐色、その他の部分は光沢ある鮮黄色で、オウゴンチョウの名の由来となっている。飼い鳥として珍重されるが、日本への輸入は少ない。腰の羽毛はふんわりと盛り上がって美しい。非繁殖期の雄および雌は暗褐色で、胸腹部が白いじみな色である。セネガルからコンゴ地方に至る西部アフリカには普通にみられる。アフリカの中部、東部、南部にも局地的に分布し4亜種に分類される。南部のものは胸、後頸(こうけい)も一帯に黒色でクロエリオウゴンチョウともよばれる。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android