コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオエンコウガニ Chaceon granulatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオエンコウガニ
Chaceon granulatus

軟甲綱十脚目オオエンコウガニ科。甲幅 20cmに達する大型種。甲の輪郭は丸みを帯びた四角形で,甲面の盛り上がりは弱い。額縁に 4突起,前側縁に眼窩外歯を含めて 5歯がある。前側縁の第2歯,第4歯は幼若個体では鋭いが,大型個体では摩滅したように不明瞭となる。甲,鋏脚,歩脚は一様に黄褐色ないし黒褐色。房総半島沖から東シナ海までの水深 300~1000mの泥底にすむ。底引網で漁獲され食用とされるが,あまり多産しない。同属の 27種のうち,アメリカ合衆国東部産の C. quinquedens(deep-sea red crab)と C. fenneri(golden crab),アフリカ西岸産の C. maritaeC. erytheiae は多量に漁獲される重要種である。日本ではアフリカ西岸産がマルズワイガニの名で缶詰に加工・販売されている。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オオエンコウガニの関連キーワードカニ甲類

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android