コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカサゴケ Rhodobryum giganteum (Schwaegr.) Par.

世界大百科事典 第2版の解説

オオカサゴケ【Rhodobryum giganteum (Schwaegr.) Par.】

カサゴケ科に属する大型の美しい蘚類。カラカサゴケともいう。熱帯アジアから日本にかけて広く分布し,日本では本州中部以南の温暖な地域に生育する。腐植質の多い湿った林床にまばらな群落をつくる。茎は腐植質の中を長くはい,その先端が急に立ち上がって生長し,高さ5~8cmの地上茎となる。茎の下部の葉は赤褐色,鱗片状で茎に密着するが,先端部の葉は大きく,鮮緑色で,群がって放射状に展開する。和名はこの特異な形状を傘に見立てたもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカサゴケ
おおかさごけ
[学]Rhodobryum giganteum (Hook.) Par.

コケ植物カサゴケ科の1種。低地から山地の腐植土上に群生する。地下茎から直立して出る高さ3~8センチメートルの茎があり、この先に葉が集まってつく。葉の長さ1~1.5ミリメートル、長卵形で、中央脈が1本ある。胞子体は1茎に2~4本つく。東南アジアから日本にかけて分布し、日本では関東地方から九州にかけてみられる。植物体の形からカラカサゴケ、レンゲゴケなどともよばれる。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオカサゴケの関連キーワード井上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android