コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカサゴケ Rhodobryum giganteum (Schwaegr.) Par.

2件 の用語解説(オオカサゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオカサゴケ【Rhodobryum giganteum (Schwaegr.) Par.】

カサゴケ科に属する大型の美しい蘚類。カラカサゴケともいう。熱帯アジアから日本にかけて広く分布し,日本では本州中部以南の温暖な地域に生育する。腐植質の多い湿った林床にまばらな群落をつくる。茎は腐植質の中を長くはい,その先端が急に立ち上がって生長し,高さ5~8cmの地上茎となる。茎の下部の葉は赤褐色,鱗片状で茎に密着するが,先端部の葉は大きく,鮮緑色で,群がって放射状に展開する。和名はこの特異な形状を傘に見立てたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカサゴケ
おおかさごけ
[学]Rhodobryum giganteum (Hook.) Par.

コケ植物カサゴケ科の1種。低地から山地の腐植土上に群生する。地下茎から直立して出る高さ3~8センチメートルの茎があり、この先に葉が集まってつく。葉の長さ1~1.5ミリメートル、長卵形で、中央脈が1本ある。胞子体は1茎に2~4本つく。東南アジアから日本にかけて分布し、日本では関東地方から九州にかけてみられる。植物体の形からカラカサゴケ、レンゲゴケなどともよばれる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオカサゴケの関連キーワードカサゴ笠子サゴ椰子蛇苔杉苔蘚類美人泡苔大杉蘚銀蘚

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone