コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオケタデ(大毛蓼) オオケタデPersicaria pilosa(Polygonum orientale)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオケタデ(大毛蓼)
オオケタデ
Persicaria pilosa(Polygonum orientale)

タデ科一年草原産地インドから中国にかけての地域で,日本では江戸時代より観賞用に栽培され,いまでは荒れ地などに野生化している。全体に短毛を密生し,茎は直立して高さ1~1.5mになり,上部で分枝して大きな葉を互生する。葉は卵形で長さ 10~20cm,先がとがり基部は心形。夏から秋にかけて,花茎の先に紫紅色または淡紅色の小花を多数集めて長さ5~12cmの穂状花序をつくる。小花は5枚の花被,8本のおしべ,1本のめしべからなる。果実痩果で,花被に包まれたまま黒熟して扁球形になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android