コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオサガ おおさが

1件 の用語解説(オオサガの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオサガ
おおさが / 大佐賀・大逆
angry rockfish
[学]Sebastes iracundus

硬骨魚綱カサゴフサカサゴ科に属する海水魚。相模湾(さがみわん)から千島列島沖にかけてと天皇海山列に分布する。標準和名はオオサガであるが、一般的にはコウジンメヌケ、サンコウメヌケとよぶこともある。体は深紅色で、体側に黒斑(こくはん)が1個あるものが多いこと、眼前の下方に棘(とげ)がないこと、頭部背面に暗色帯がないことなどの特徴で、ほかのメヌケ類と区別できる。水深200~1300メートルの深所にすみ、7月ごろ浅所に移動するが、10月ごろふたたび深所に入る。卵胎生(らんたいせい)魚で、5~6月ごろに仔魚(しぎょ)を産む。北日本産のメヌケ類中もっとも大きく、全長60センチメートルぐらいになる。
 延縄(はえなわ)、底引網などで漁獲され、煮物、焼き物、刺身などにする。高級魚で、北海道では正月にマダイのかわりに用いる。近年、サンコウメヌケ(サンゴメヌケ、ヒカリサガ、キンサガともよばれる)が本種と同種であることが判明した。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオサガの言及

【メヌケ(目抜)】より

…深海から水面に上がってくると眼球がとび出ることに由来した名称。ふつうはオオサガ(コウジンメヌケ)Sebastes iracundus,サンコウメヌケS.flammeus,バラメヌケS.baramenuke(イラスト)の3種をいう。ときにはアラスカメヌケも含めることがある。…

※「オオサガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone