コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天皇海山列 てんのうかいざんれつ Emperor Seamount Chain

3件 の用語解説(天皇海山列の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天皇海山列
てんのうかいざんれつ
Emperor Seamount Chain

天皇海山系ともいう。北西太平洋を南北に走る海山列。アリューシャン列島の西端付近から東経 170°線に沿って南下し,北緯 30°まで達する。全長約 2500km。神武,仁徳,推古,天智,桓武など,古代の天皇の名を冠した十数峰のギヨー (平頂海山) が連なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんのうかいざんれつ【天皇海山列 Emperor Seamount Chain】

カムチャツカ東方,東経170゜線に沿ってほぼ南北に連なる海山列。北緯32゜付近で東南東に向きを変えハワイ島にいたるが,この部分はハワイ海嶺という。1952年田山利三郎はこれに北西太平洋海嶺と命名したが,ディーツR.S.Dietzは日本水路部の海底地形図を研究してこの海山列を知り,54年Emperor Seamountsと命名し,個々の海山に天智,神武,推古,仁徳,神功,応神,欽明,雄略,桓武など古代天皇の名を付し有名となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天皇海山列
てんのうかいざんれつ

北西太平洋のおおよそ東経170度線に沿って南北に並ぶ海山の列。天智(てんじ)、神武(じんむ)、推古(すいこ)など古代の天皇の名が一つ一つの海山につけられている。多くは大規模な平頂海山(ギヨーguyot)である。天皇海山列の北端部はアリューシャン西部で海溝に没し、南部は東に折れ曲がってハワイ海嶺(かいれい)に移行する。[勝又 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天皇海山列の関連キーワードカムチャダール語カムチャダール族カムチャツカ半島カムチャツカ千島カムチャツカ海溝Паратункаカムチャツカ岩コマンドル[諸島]千島・カムチャツカ海溝《カムチャツカ誌》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone