コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオハゲコウ オオハゲコウLeptoptilos dubius; greater adjutant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオハゲコウ
Leptoptilos dubius; greater adjutant

コウノトリ目コウノトリ科。全長は平均 136cm。非常に大きな鳥で,脚が長く,頭頸部は皮膚が裸出し,喉から頸嚢と呼ばれる袋がぶらさがっている。羽色は背面が黒く,腹は白い。は長さがおよそ 30cmもあり,合わせ目の縁が鋭くなっている。インドからインドシナ半島まで分布する。人家の近くや町なかにすみ,動物の死体や残飯類のほか,魚やカエル,鳥,ネズミなどなんでも食べる。頭頸部が裸なのはハゲワシ類同様,死体を食べるときにあらかじめ羽毛が汚れないようになっていると考えられている。ハゲコウ類はほかに 2種があり,アフリカハゲコウ L. crumeniferアフリカに,コハゲコウ L. javanicus がインドから中国南部,インドシナ半島マレー諸島にかけて分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオオハゲコウの言及

【ハゲコウ(禿鸛)】より

…コウノトリ目コウノトリ科ハゲコウ属Leptoptilosの鳥の総称。この属には,南アジアに分布するオオハゲコウL.dubiusとコハゲコウL.javanicusおよびアフリカに分布するアフリカハゲコウL.crumeniferusの3種がある。オオハゲコウとアフリカハゲコウは,どちらも全長1.5m,翼幅3mに及ぶ大きな鳥である。…

※「オオハゲコウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone