オカタツナミソウ(読み)おかたつなみそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカタツナミソウ
おかたつなみそう / 丘立波草
[学]Scutellaria brachyspica Nakai et Hara

シソ科の多年草で、丘陵地に生える。茎は直立し、分枝せず、高さ10~30センチメートル。葉は対生して1~2センチメートルの柄があり、葉身は三角状卵形で長さ1.5~5センチメートル。5~6月ごろ茎の先に短い穂をつくって青紫色の花をつける。本州の太平洋側と四国に分布する。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオカタツナミソウの言及

【タツナミソウ(立浪草)】より

…タツナミソウの仲間はいずれも青紫色の美しい花をつけ,山草として栽培されることがあり,日本には他に次のような種が分布している。 オカタツナミソウS.brachyspica Nakai et Haraは葉がやや三角状卵形で,茎には密に下向きの毛があり,花穂が短い。本州と四国に分布する。…

※「オカタツナミソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android