コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカダンゴムシ

百科事典マイペディアの解説

オカダンゴムシ

甲殻類等脚目オカダンゴムシ科の1種。単にダンゴムシと通称されることも多い。体長10〜14mm,幅はその2分の1ぐらい。各体節が腹側に湾曲して球状に丸まる。腹肢は外肢に気管を備える。雄の第2,3腹肢は交尾針に変形。体色は灰色ないし暗褐色。ほぼ全世界に分布し,枯葉や朽ち木などの下に生息する。海岸には近縁のハマダンゴムシがすむ。
→関連項目ワラジムシ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のオカダンゴムシの言及

【ダンゴムシ(団子虫)】より

…オカダンゴムシともいう(イラスト)。宅地,花壇,畑などの朽木,枯葉や石の下など,陰になった湿気のあるところにすみ,触れたりすると,体を完全な球状にまるめることのできる小型の陸生の甲殻類。…

※「オカダンゴムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オカダンゴムシの関連キーワードダンゴムシ(団子虫)団子虫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android