オカンポ(英語表記)Ocampo,Silvina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オカンポ」の解説

オカンポ
Ocampo,Silvina

[生]1903. ブエノスアイレス
[没]1993/1994. ブエノスアイレス
アルゼンチンの女性作家,詩人詩集『詩的空間』 (1945) でブエノスアイレス賞を受賞しているが,幻想的な短編でより著名。主作品『イレーネ自伝』 Autobiografía de Irene (1948) ,『怒り』 La furia (1960) ,『招かれた女たち』 Las invitadas (1961) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオカンポの言及

【レフォルマ】より

… 一方,革新派改革推進者のリーダーはフアレスであった。そのほか理論家でミチョアカン州知事のオカンポM.Ocampo,経済通のM.レルド・デ・テハダ,穏健派でのちに大統領になったコモンフォルトI.Comonfortらがあげられる。彼らはスペイン植民地遺制としての先住民抑圧政策,教会などの大土地所有制度等のメキシコの旧体制を打破することを希求した。…

※「オカンポ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android