甲州(読み)コウシュウ

  • こうしゅう カフシウ
  • こうしゅう〔カフシウ〕

デジタル大辞泉プラスの解説

山梨県甲州市で生産されるブドウ。果皮は淡い紅色、皮には果粉がつき、が短楕円形。果皮と実離れはよく、食味はさっぱりとしている。12世紀に雨宮勘解由(かげゆ)という人物が偶然発見した、鎌倉時代に中国から伝来したなど、来歴には諸説ある。現在では白ワインの原料に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

甲斐かい国の別名。
山梨県北東部の市。勝沼地区は甲府盆地北東部の甲州ブドウの中心産地で、ワイン醸造も盛ん。大菩薩嶺の入り口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 甲斐(かい)国(山梨県)の別称。〔黒本本節用集(室町)〕
※談義本・教訓雑長持(1752)五「甲州(カウシウ)出の侍(さふらい)程ありて、甘利用内は誠の侍形気(かたぎ)
[2] 〘名〙
※雑俳・柳多留‐四一(1808)「甲州のかしかり丸くすます也」
※雑俳・柳多留‐七〇(1818)「甲州をぱくりぱくりとしうとばば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

甲州の関連情報