コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガサワラタマムシ

世界大百科事典 第2版の解説

オガサワラタマムシ【Chrysochroa holstii】

甲虫目タマムシ科の昆虫。からだは緑色で,背面は青色または紺色の金属光沢を放つ。上翅には縦の隆起条があり,翅端は赤色を帯びる。まれに胸部背面にかすかな赤条をもつ個体がある。雄は複眼が大きく,からだが細い。体長25~32mm。小笠原諸島の特産種で,父島,母島には少なからず生息し,国の天然記念物として保護されている。成虫は6~8月に出現し,日中は活発に飛翔(ひしよう)する。ムニンエノキ枯木に産卵。孵化(ふか)した幼虫は枯木に穿孔(せんこう)する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オガサワラタマムシの関連キーワード鞘翅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android