オガサワラタマムシ

世界大百科事典 第2版の解説

オガサワラタマムシ【Chrysochroa holstii】

甲虫目タマムシ科の昆虫。からだは緑色で,背面は青色または紺色の金属光沢を放つ。上翅には縦の隆起条があり,翅端は赤色を帯びる。まれに胸部背面にかすかな赤条をもつ個体がある。雄は複眼が大きく,からだが細い。体長25~32mm。小笠原諸島の特産種で,父島,母島には少なからず生息し,国の天然記念物として保護されている。成虫は6~8月に出現し,日中は活発に飛翔(ひしよう)する。ムニンエノキ枯木に産卵。孵化(ふか)した幼虫は枯木に穿孔(せんこう)する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android