コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オギノツメ Hygrophila lancea (Thunb.) Miq.

2件 の用語解説(オギノツメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オギノツメ【Hygrophila lancea (Thunb.) Miq.】

本州中部以南,四国,九州から沖縄,台湾にかけて分布するキツネノマゴ科多年草で,湿地に生える。オギノツメ属には世界の熱帯を中心に80種ほどが知られるが,どれも湿地を好むことが知られている。属の学名はHygrophyte(湿生植物)に由来する。 茎は四角形でやがて直立し高さ30~60cm。基部は横にはい,節から根を出す。葉は線状披針形で長さ5~10cm,幅0.5~1.5cm,ほとんど無柄で,ふちには全縁または波状鋸歯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オギノツメ
おぎのつめ
[学]Hygrophila lancea (Thunb.) Miq.

キツネノマゴ科の多年草。茎は四稜(しりょう)形で直立し、高さ30~60センチメートル、基部は横にはい、節から根を出す。葉は線状披針(ひしん)形で長さ5~10センチメートル。秋に小形の花が数個ずつ葉腋(ようえき)に束生する。萼(がく)は中ほどまで5裂する。花冠は淡紫色で二唇形、長さ10~12ミリメートル、裂片はつぼみでは回旋状に畳まれる。雄しべは4本で内側の2本が短い。(さくか)は線形で12~17個の種子をもつ。湿地に生え、本州中部地方から沖縄、台湾にかけて分布する。[寺尾 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オギノツメの関連キーワードアカハラ赤樫黄鯛錐貝九絵葉血引菱蟹沖螺泥蟹真魚鰹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone