オクトピン

  • octopine

化学辞典 第2版の解説

N-(1-carboxyethyl)-L-arginine.C9H18N4O4(246.27).軟体動物,とくにイカ,タコ,ホタテ貝などの触手の筋肉に多く含まれるアミノ酸.L-(-)-2-ブロモプロピオン酸をL-アルギニンに縮合させて合成される.融点261~264 ℃.+20.94°(水).熱水に易溶,エタノール,エーテルに不溶.嫌気的解糖反応系で,オピンデヒドロゲナーゼによりL-アルギニンとピルビン酸から生合成される.[CAS 34522-32-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android