コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクロの天然原子炉 オクロノテンネンゲンシロ

デジタル大辞泉の解説

オクロ‐の‐てんねんげんしろ【オクロの天然原子炉】

Oklo natural nuclear reactors》ガボン南東部の都市フランスビルの北西約60キロメートルにあるウラン鉱床。鉱床中の放射性同位体の存在比が、通常地球上で見られる値と大きく異なっていることが発見され、1972年、フランス原子力庁は、約20億年前に同地のウラン鉱床で核分裂の連鎖反応が自発的に生じたと結論付けた。地下水に溶け込んだウランが局所的に濃縮され、その水自体を減速材として臨界に達し、原子炉と同じ状態にあったと考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

オクロの天然原子炉の関連キーワードムナナ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android