コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オコタンペ湖 おこたんぺこ

1件 の用語解説(オコタンペ湖の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オコタンペ湖
おこたんぺこ

北海道南西部、支笏(しこつ)湖の北部にある湖。恵庭岳(えにわだけ)北西麓(ろく)の火山堰止湖(せきとめこ)で、支笏洞爺(とうや)国立公園の一部。湖面標高572メートル、周囲5キロメートルの小さな湖であるが、エゾマツ、トドマツの原生林に囲まれた高山湖の趣(おもむき)が強い。支笏湖畔から展望所までは自動車道があるが、オコタンペ湖周辺の森林は、森林生態系保護地区に指定されており、許可なく立ち入ることは禁止されている。冬は積雪のため交通が途絶する。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオコタンペ湖の言及

【恵庭岳】より

…標高1320m。支笏湖をはさんで南東岸の風不死(ふつぷし)岳(1103m)と相対しており,西麓にはオコタンペ川をせき止めてできたオコタンペ湖がある。支笏カルデラの外輪山上に噴出した成層火山であるが,溶岩流が多く火山砕屑物(さいせつぶつ)が少ないため山体は急峻で,頂上の北東側に噴気をあげる爆裂火口がある。…

【支笏湖】より

…湖畔~ポロピナイ間の湖岸を通る支笏湖道路は千歳と札幌を結ぶ迂回路となっており,恵庭岳の湖岸部を除けば,ほぼ湖岸を走る一周道路がある。なお恵庭岳西麓,支笏湖の北東岸から3kmの位置に堰止(せきとめ)湖オコタンペ湖がある。湖面標高は支笏湖より約300m高く,西側一帯は針広混交の原生林で特別保護地区に指定されている。…

※「オコタンペ湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone