コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オコトラン Ocotlán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オコトラン
Ocotlán

メキシコ南西部,ハリスコ州中部の都市。州都グアダラハラの南東約 70km,チャパラ湖の北東岸近くにあり,同湖から流出するサンチアゴ川にスラ (アトトニルコ) 川が合流する地点に位置する。同湖周辺地域最大の町で,主産業は工業,農業,漁業,養鶏などであるが,メキシコ市とグアダラハラを結ぶ鉄道,道路が通りチャパラ湖への観光基地となっているため,観光業も重要。人口6万 9559 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオコトランの言及

【巡礼】より

…第3は,最も普遍的なもので,かつての土着信仰の聖地からカトリックの聖地に転じた土地への旅である。この種の聖地はメソアメリカにとくに多く,サポパンZapopan(グアダラハラ近郊),グアダルーペ,チャルマChalma(以上中央メキシコ),オコトランOcotlán(メキシコ,プエブラ州),イサマル(ユカタン半島),エスキプラス(グアテマラ)が著名である。ペルーではクスコ県に多く,とくにコイリュル・リティーが知られている。…

※「オコトラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オコトランの関連キーワードグランデデサンチアゴ川トラスカラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android