コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オコト

百科事典マイペディアの解説

オコト

ウガンダの詩人。東アフリカを代表する詩人。英国留学で社会人類学を学び,帰国後大学教授を歴任。アチョリ語と英語で書く。アチョリ族の伝統的な文化価値の重視が作品の根底にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オコト【Okot p’Bitek】

1931‐82
ウガンダの詩人。アチョリ語と英語で書く。父はミッションスクールの教師。自らも教師となったが,1958年フットボール選手としてイギリス遠征を機に社会人類学を学ぶ。64年帰国し,国立文化センター所長,ナイロビ,イフェ両大学教授ののちマケレレ大学教授を歴任。アチョリ族の伝統文化の土俗価値を掘り起こし,詩・演劇・音楽・踊りを包括した総合芸術の発展に努める。散文詩《ラウィノの歌》(1966)は,アフリカ的価値を代表する妻が民族的表現とイメージを駆使して西欧文化に去勢された夫を鋭く揶揄(やゆ)し,圧倒するもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オコトの関連キーワードグランデデサンチアゴ川ナリオコトメ・ボーイトラスカラ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android