コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オソボ Osogbo

デジタル大辞泉の解説

オソボ(Osogbo)

ナイジェリア西部の都市。オスン州の州都。20世紀初めにラゴスと鉄道で結ばれ、カカオやヤムイモなどの農産物の集散地として発展。軽工業も盛ん。ヨルバ族の豊穣の女神オスンにちなむオスン川沿いに位置し、毎年8月に祭りが催される。また、川沿いには女神オスンが住むとされる原生林があり、2005年に「オスンオソボ聖林」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。オショボオショグボオソグボ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オソボの関連キーワードオシュンオショグボの聖なる森オシュンオショボの聖なる森オスンオソグボの聖なる森オスンオソボの聖なる森オシュンオショグボ聖林オシュンオショボ聖林オスンオスンオソグボ聖林

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android