オットー ウルシュプルング(英語表記)Otto Ursprung

20世紀西洋人名事典の解説

オットー ウルシュプルング
Otto Ursprung


1879.1.16 - 1960.9.14
ドイツの司祭,音楽学者。
元・ミュンヘン大学教授。
ギュンツェルホーフェン生まれ。
ドイツにおける教会音楽の開拓者で、1911年ミュンヘン大学でヤコービュス・デ・ケルレの研究で哲学博士号を受ける。’26年全聖徳ホーフキルヒェの名誉聖堂参事会員となり、’40年にナチスの迫害を受けるまでその地位にあった。この間’32年ミュンヘン大学において音楽史教授となった。著書には「ミュンヘン音楽史」(’27年)のほか、「カトリック教会音楽」(’31年)など、カトリック音楽に関するものが多い。アンマー湖畔のショーンドルフにて没。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android