オットー ヴィルマン(英語表記)Otto Willmann

20世紀西洋人名事典の解説


1839.4.24 - 1920.7.1
ドイツの教育学者,哲学者。
元・プラハ大学哲学・教育学教授。
レシュノ(ポーランド)生まれ。
ブレスラウベルリンで勉強し、さらに1863年T.ツィラーに教育学を学び、’72年からプラハ大学の哲学・教育学の教授となる。1907年「キリスト教教育科学協会」を結成し、カトリック教育学の組織化をはかる。教育学を哲学的・社会科学的・歴史的に基礎づけ、人間の全人的の育成を説き、その教育理論はヨーロッパ人の思想に大きな影響を与え、ヘルバルト教育学の権威となる。著書に「形成論としての教授法」2巻(’82年、’89年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android