コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドリク

2件 の用語解説(オドリクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オドリク

イタリアのフランシスコ会修道士。オドリクは英語読みで,正しくはオドリコ・ダ・ポルデノーネ。東方布教を志し,ペルシアインド東南アジアを経て中国に入り,1325年元の大都(北京)に3年間滞在,チベットを経て帰国した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オドリク【Odorico da Pordenone】

?‐1331
イタリア宣教師。ポルデノーネ付近のビラノバのマッティウシ家の生れ。日本では英語名のオドリクで呼ばれることが多い。若くしてフランシスコ修道会に加入,1320年ごろ東方への布教を志して出発した。ペルシア経由,海路インドを経て,22‐23年ごろ広東に上陸,25年カンバリク(北京)に到着,3年間滞在して,陸路によりイタリアに帰着。30年,見聞を口述した。その内容は布教よりも土地の紹介に重点がおかれ,とくに杭州の仏教寺院の行事の話が貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オドリクの関連キーワード宣教師デレッダデントンイタリアン吉利支丹伴天連ポルトチェルボイタリアン・スピノーネ新井白石(1657〜1725)アドネ佃又右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone