コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドリク

百科事典マイペディアの解説

オドリク

イタリアのフランシスコ会修道士。オドリクは英語読みで,正しくはオドリコ・ダ・ポルデノーネ。東方布教を志し,ペルシア,インド,東南アジアを経て中国に入り,1325年元の大都(北京)に3年間滞在,チベットを経て帰国した。彼の口述した《東洋紀行》は広く愛読された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オドリク【Odorico da Pordenone】

?‐1331
イタリア人宣教師。ポルデノーネ付近のビラノバのマッティウシ家の生れ。日本では英語名のオドリクで呼ばれることが多い。若くしてフランシスコ修道会に加入,1320年ごろ東方への布教を志して出発した。ペルシア経由,海路インドを経て,22‐23年ごろ広東に上陸,25年カンバリク(北京)に到着,3年間滞在して,陸路によりイタリアに帰着。30年,見聞を口述した。その内容は布教よりも土地の紹介に重点がおかれ,とくに杭州の仏教寺院の行事の話が貴重である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android