コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドントグロッスム Odontoglossum

翻訳|Odontoglossum

1件 の用語解説(オドントグロッスムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オドントグロッスム【Odontoglossum】

南アメリカのアンデス山脈熱帯域原産の着生ランで,約200種が知られている。熱帯山地原産のために,夏は冷涼,冬は温暖な条件を好み,日本では高地や北地でしかうまく栽培できないものが多いが,花は美しい。日本へは明治末ごろから大正にかけて渡来した。日本でみられるのはオドントグロッスムグランデO.grande Lindl.,オドントグロッスム・ロッシイO.rossii Lindl.,オドントグロッスム・プルケルムO.pulchellum Batem.などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オドントグロッスムの関連キーワードアメリカインディアンアメリカインディアン諸語アングロアメリカアンデス山脈南アメリカアコンカグアキノア秘露ビクーナアメリカン・デス・トリップ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone