コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガサイシン(尾長細辛) オナガサイシンAsarum leptophyllum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナガサイシン(尾長細辛)
オナガサイシン
Asarum leptophyllum

ウマノスズクサ科の常緑多年草。沖縄本島の嘉津宇岳と台湾中北部の山地林床に生育し,カツウダケカンアオイともいう。茎は短く地に伏し,早春,先端より長い柄をもつ2枚の葉を向い合うように展開する。葉は卵状三角形,表面は深緑色で光沢があり毛が少いが,裏面は淡緑色で葉柄とともに長い毛を密生する。花は3月頃開花し,花弁は退化するが,ときに小さな角状の突起として痕跡を残す。萼片は下半部で互いに接して径約 1cmの筒をつくり,上部は細長く伸びて尾状になる。花筒内には,合着のすすんだ花柱と, (やく) より長い花糸をもつ 12本のおしべがみられる。中国大陸には同属の近縁種 A.caudigerumが分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android