コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニカサゴ オニカサゴScorpaenopsis cirrosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニカサゴ
Scorpaenopsis cirrosa

カサゴ目フサカサゴ科の海水魚。全長約 30cm。体は側扁する。眼前棘,眼上棘,耳棘など頭部とげは非常に強い。体は赤く,暗色点が不規則に散在する。食用南日本の太平洋岸に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニカサゴ
おにかさご / 鬼笠子
hairy stingfish
[学]Scorpaenopsis cirrosa

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。南日本の各地に分布する。頭と体はやや細い。頭部にたくさんの強い棘(とげ)がある。体やひれにたくさんの皮弁がある。体色は赤褐色系のものが多いが、すむ場所によって著しく変化する。沿岸の岩礁域やサンゴ礁域で普通に見られる。おもに甲殻類や魚類を食べる。体長は30センチメートルほどになる。南西諸島(琉球(りゅうきゅう)列島)にいるものは体に小黒点がなく、胸びれ条が17本であるなど多少異なる。煮付けなどの総菜にする。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android