コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニヒトデ Acanthaster planci; crown-of-thorns starfish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニヒトデ
Acanthaster planci; crown-of-thorns starfish

棘皮動物門ヒトデ綱有棘目オニヒトデ科。多腕形で,腕は 13~16本あり,長さは約 30cm。背面に3~6cmの鋭い毒棘を多数もつ。サンゴ礁に多くみられ,サンゴのポリプを食べてサンゴを枯死させ,大害を与える。紀伊半島以南,インド洋から西太平洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オニヒトデ

大西洋を除く世界各地のサンゴ礁に生息成体は30~60センチ。腕と全身に猛毒のトゲを持つ。サンゴの先端の軟らかい部分(ポリプ)を食べる。鹿児島などでは近年、大量発生が問題になっており、サンゴ白化の原因とされる。

(2011-12-07 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニヒトデ
おにひとで / 鬼海星
[学]Acanthaster planci

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱オニヒトデ科に属する海産動物。体は大きくて体表に鋭い棘(とげ)が多数生え、みるからに奇怪なヒトデ。直径は20センチメートル以上にもなり、腕は11~16本ある。棘は2センチメートル近くあり、表皮に毒腺(どくせん)があるので触れると危険である。体色は青灰色、黄褐色、赤褐色など個体差があるが、棘の先は赤橙(せきとう)色を帯びる。胃を膨らませて口から外へ押し出し、サンゴ礁のイシサンゴの軟体部を溶かして食べる習性がある。異常発生することがあり、一時期、オーストラリア、ミクロネシア、沖縄のサンゴ礁が荒廃の危機に面した。その原因については環境汚染説も唱えられたが、むしろ周期的な自然発生によるものとの説が有力である。分布は、西太平洋からインド洋にかけてのサンゴ礁海域で、日本近海では紀伊半島南端の生息の記録が北限である。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオニヒトデの言及

【サンゴ礁(珊瑚礁)】より

… 1978‐79年の環境庁の調査によると,日本にはサンゴ礁が約8万7000haあり,その大部分が沖縄県にある。近年,海の汚染,埋立て,オニヒトデの食害などによるサンゴ礁の消滅がみられ,奄美諸島,沖縄諸島で著しい。1960‐70年ごろ,オニヒトデがオーストラリアのグレート・バリア・リーフをはじめ,太平洋の熱帯の多くのサンゴ礁で大発生した。…

【ヒトデ(海星∥人手)】より

…ヒトデ綱Asteroideaに属する棘皮(きよくひ)動物の総称,またはそのうちの1種を指す。
[ヒトデ綱]
 世界で約2000種,日本にはヒトデ,スナヒトデ(イラスト),モミジガイ(イラスト),ホシヒトデ,カワテブクロ,アカヒトデ(イラスト),アオヒトデイトマキヒトデ(イラスト),オニヒトデ(イラスト),ニチリンヒトデ,タコヒトデヤツデヒトデ(イラスト),マンジュウヒトデなど280種ほどが生息する。すべて海産で,淡水にすむものはいない。…

※「オニヒトデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オニヒトデの関連キーワードグレート・バリア・リーフヨナバルファイタースリーヒトデ(海星∥人手)沖縄海岸国定公園ハマサンゴイシサンゴサンゴガニ沖縄(県)穿孔動物ホラガイ大西洋久高島鬼海星毒腺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オニヒトデの関連情報