コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニルリソウ おにるりそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニルリソウ
おにるりそう / 鬼瑠璃草
[学]Cynoglossum asperrimum Nakai

ムラサキ科の越年草。茎は高さ40~80センチメートル。全体に粗い開出毛がある。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で、両端は鋭くとがる。6~8月、総状の花序を長く伸ばし、淡青紫色の小さな5弁花を開く。丘陵帯や山地帯の礫地(れきち)や川原に生え、北海道、本州、四国、九州、朝鮮に分布する。茎の下方に下向きの短毛が密生するものをオオルリソウC. zeilanicum (Vhal) Thunb.という。オニルリソウ属は4個の分果が全面に鉤(かぎ)状毛をもち、背面は平らまたは突出する。世界に約70種、そのうち日本に3種ある。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオニルリソウの言及

【ルリソウ】より

…本州,四国,九州に分布し,温帯域の山地,路傍に普通に生える。 近縁のオオルリソウ属CynoglossumのオニルリソウC.asperrimum Nakai(イラスト)はルリソウよりも大型で高さ50~120cmにおよび,茎に開出毛が著しい。日本全土に分布し,温帯域の山地に生える。…

※「オニルリソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android