オプシチースイルト丘陵(読み)オプシチースイルトきゅうりょう(英語表記)Obshchii Syrt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプシチースイルト丘陵
オプシチースイルトきゅうりょう
Obshchii Syrt

ロシア南西部,ウラル山脈南部西斜面に続く丘陵地帯。ボルガ川とウラル川の分水界をなす (スイルトはロシア語で「分水界」の意) 。東から西へ向って標高が下がり,東部で最高 404mの丘陵,西部で 50~100mの平地になる。砂岩,石灰岩などから成り,南部にカルスト地形が発達している。ステップ地帯に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android