コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプシチースイルト丘陵 オプシチースイルトきゅうりょうObshchii Syrt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプシチースイルト丘陵
オプシチースイルトきゅうりょう
Obshchii Syrt

ロシア南西部,ウラル山脈南部西斜面に続く丘陵地帯。ボルガ川とウラル川の分水界をなす (スイルトはロシア語で「分水界」の意) 。東から西へ向って標高が下がり,東部で最高 404mの丘陵,西部で 50~100mの平地になる。砂岩,石灰岩などから成り,南部にカルスト地形が発達している。ステップ地帯に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オプシチースイルト丘陵の関連キーワードオレンブルグ州大ウゼン川サマーラ川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android