オプシチースイルト丘陵(読み)オプシチースイルトきゅうりょう(英語表記)Obshchii Syrt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシア南西部,ウラル山脈南部西斜面に続く丘陵地帯。ボルガ川ウラル川の分水界をなす (スイルトはロシア語で「分水界」の) 。東から西へって標高が下がり,東部で最高 404mの丘陵,西部で 50~100mの平地になる。砂岩石灰岩などから成り,南部にカルスト地形が発達している。ステップ地帯に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android