コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプティマイザー おぷてぃまいざ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オプティマイザー

プログラムコードの無駄を省き、プログラムサイズおよび実行速度の双方、または一方を向上させるモジュール。「optimize」を直訳すると「最適化」ということになるが、厳密にはコードを「最良」にすることは理論的に不可能で、実際には「より良くする」という意味。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オプティマイザー(optimizer)

コンピューターなどで、ある特定の目的のために最適化をする機能やソフトウエアのこと。動作速度の高速化やメモリーなどの資源の効率化を図るために利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

DBM用語辞典の解説

オプティマイザー【optimizer】

最も効果的な方法を考えること。ファースト・バイヤー(新規顧客)を獲得するための努力が最適にできるよう、ファースト・バイヤーの購入動機を追跡することが重要である。例えば、ある製品に対するオリジナルオーダー(初回注文)のプロモーション費用が、他の方法よりもダイレクトメールの方が、効果的で、支払い状況も良いとなれば、将来的プロモーション予算は主にダイレクトメールに配分される。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

オプティマイザーの関連キーワードDコンピュータープログラム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オプティマイザーの関連情報