オプトイン(読み)おぷといん(英語表記)opt-in

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オプトイン
おぷといん
opt-in

原則として禁止・規制しておき、支障や問題がない場合にだけ例外的に認めるという概念。オプトインopt-inはopt(英語で「選択する」の意)にinを組み合わせた造語で、当事者が認めない限り、経済行為や権利行使などを禁止・規制する、という意味で使われる。反対に、原則自由にしておき、問題がある場合にだけ禁止・規制することをオプトアウトopt-outとよぶ。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本の解説

オプトイン

主に広告用の電子メールで利用される手法で、事前に「広告を受け取りたい」と申し込んできた相手にだけ広告メールを配信するものです。こうした広告メールを「オプトイン広告」と呼びます。逆に、利用しない場合に事前の意思表示が必要なとき、その意思表示を行うことを「オプトアウト」といいます。
⇨迷惑メール、メールマガジン

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オプトイン

「選択」という意味の言葉。企業が電子メールを使ったダイレクト・メールを送る場合、事前にユーザー承諾を得ることを指す。不特定多数の相手に広告メールを送りつける、いわゆる迷惑メールを防止するためのルール。日本では、「特定電子メール法」と「特定商取引法」にオプトイン規制が導入されており、受信者の承諾を得ずに広告・宣伝メールを送ることが禁止されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android