コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヨギゴカイ オヨギゴカイTomopteris pacifica

3件 の用語解説(オヨギゴカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヨギゴカイ
オヨギゴカイ
Tomopteris pacifica

環形動物門多毛綱遊在目オヨギゴカイ科。体長3~4cm,体幅2~3mm。体は無色透明で,体の前部に 20~23の疣足 (いぼあし) をもつ。副感触鬚は体長の3分の2ほどの長さがある。浮遊性で,オホーツク海,北太平洋に分布している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オヨギゴカイ【Tomopteris pacifica】

多毛綱オヨギゴカイ科の環形動物。一生の間,浮遊生活をし,本州,オホーツク海,北アメリカ太平洋岸に分布する。体長3~4cm,体幅2~3mmで無色透明。体の前方約2/3は幅が広く,両側に20~23対のいぼ足があり,それに続く後部は細長くのび,11個の長い環節からなっている。頭部には1対の感触手と1対の黒い眼点がある。頭部の後方に2対の感触糸があり,第2感触糸は体の全長のほぼ2/3に達する。いぼ足の先端は背枝と腹枝の二つの枝に分かれ,おのおのに薄い膜がついている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヨギゴカイ
およぎごかい / 泳沙蚕

環形動物門多毛綱遊在目オヨギゴカイ科Tomopteridaeの海産動物の総称、およびそのなかの1種名。多毛類の大部分の種類は、幼生時代の一時期を海中で浮遊生活をし、その後に底生生活に移るが、この科の種類は一生の間浮遊生活をする。
 種名オヨギゴカイTomopteris (Johnstonella) pacificaは、本州、オホーツク海、北アメリカの太平洋岸に分布する。体長30~40ミリメートル、体幅2~3ミリメートルで、体色は無色透明。体の前部の約3分の2は幅が広くて20~23対のいぼ足があるが、それに続く後部は細長くて11個の環節がある。頭部にある2対の感触手のうち第2感触手は長く、ほぼ体の3分の2に達する。いぼ足の先端は二つの枝に分かれ、おのおのに薄い膜がひれのようについているので泳ぐのに便利である。日本には近似種のオナシオヨギゴカイT. (Tomopteris) septentrionalisが生息し各地の沿岸に分布している。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone