コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリバー・トウィスト Oliver Twist

1件 の用語解説(オリバー・トウィストの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オリバー・トウィスト【Oliver Twist】

イギリスの作家ディケンズ長編小説。1838年刊。孤児オリバーが社会の冷たい風や,彼をとり巻く悪人にもめげず,最後まで善良純真に生き抜く物語である。作者はこの小説で当時のイギリス社会の矛盾,特に貧民や弱者への温かい心を忘れた貧民救済制度に対して,痛烈な怒りをユーモアでくるんで叩きつけた。何度も映画化され,ライオネル・バート作曲によるミュージカル《オリバー!》(1960)も人気を呼んだ。【小池 滋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のオリバー・トウィストの言及

【ディケンズ】より

…小学校程度の教育をやっと身につけると,あとはすべて独力で生活の資を稼ぎ,法律事務所の走使い,速記者,新聞記者としだいに社会の階段を登り,わずかな余暇は図書館での勉強と芝居見物に費やした。33年12月投稿した短編が雑誌に掲載されたことで自信をつけ,長編小説《ピックウィック・クラブ》(1837),《オリバー・トウィスト》(1838)で爆発的人気を得,一躍文壇にデビューした。 以後作家として順調なペースでつぎつぎに小説を発表,長編としては《骨董屋》(1841),《ドンビー父子》(1848),《デービッド・コパーフィールド》(1850),《荒涼館》(1853),《リトル・ドリット》(1857),《二都物語》(1859),《大いなる遺産》(1861),中編としては《クリスマス・キャロル》などが代表作として知られる。…

【ユーモア】より

…《吾輩は猫である》の著者漱石は,けっしてただ笑ったり,笑わせるだけの人ではなく,1905年東京帝国大学での18世紀英文学講義(後に《文学評論》として公刊)の中で,〈ヒューマーとは人格の根柢から生ずる可笑味〉と断言した。堺利彦は〈ユーモアとは決してノホホンを意味するものではない〉と述べて,積極的な社会改革を説き,その実践活動の一つとしてディケンズの《オリバー・トウィスト》の翻案《小桜新吉》(1911)を発表している。【小池 滋】。…

※「オリバー・トウィスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オリバー・トウィストの関連キーワードディケンズ二都物語オリバーツイスト長編小説大いなる遺産利腕アルザスの宿大博奕ドルの向こう側バンディッツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone