コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリュブリウス Flavius Anicius Olybrius

世界大百科事典 第2版の解説

オリュブリウス【Flavius Anicius Olybrius】

?‐472
西ローマ帝国の対立帝。在位472年。ローマの名門貴族の出で,455年バンダルのローマ市略奪の折に,ウァレンティニアヌス3世の遺族と共にアフリカへ連行され,のちに東帝のもとへ送還される。ウァレンティニアヌス3世の末娘と結婚し,すでに姉娘を息子の妃としていたバンダル王ガイセリックの姻戚となる。472年,西帝アンテミウスリキメルの対立が内乱に発展する中で,ガイセリックの強要を背景にリキメルによって西帝位に擁立されたが,同年アンテミウスとリキメルの死後,わずか数ヵ月で没した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オリュブリウスの関連キーワードグリュケリウス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android